香川県高松市を拠点に活動するボランティア・奉仕団体、高松中央ライオンズクラブです。

  • トップページ
  • 会長の挨拶
  • 活動報告
  • 年間行事
  • 会報誌
  • クラブの歩み
  • メンバー紹介
  • メディア掲載情報
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 経済レポートに掲載されました
  • オアシスに掲載されました
  • リビングに掲載されました
  • ライオンズクラブ国際協会
  • ライオンズクラブ国際協会336-A地区
  • 友好クラブ

ごあいさつ

会長挨拶

 

 ライオンズクラブ創設102周年にあたります我クラブは結成17周年を迎え大切な年に会長を引き受けさせて頂きまして身の引きしまる思いです。

今期のスローガンは「明朗・なかよくウイサーブ」でキーワードとして「絆」と致しました。

今期もメンバー全員で力を入れて、10回目となるチャリティー芸能フェスタを9月30日に行います。今迄義援金をお渡しした東北の一関中央LCと、熊本中央LCを通じて被災地に義援金を送りたく開催致します。

高松で一つだけの女性クラブですので、女性ならではの取り組みで楽しい例会、楽しい奉仕活動ができればと願っています。

 今後とも温かいご支援・ご協力の程宜しくお願い致します。

 最後になりましたが、皆様方のご健勝とご多幸を心より祈念申し上げご挨拶とさせて頂きます。

 

高松中央ライオンズクラブ 会長 松尾京子

会長 橋本 ちなみ

会長  松尾 京子

 

 

幹事の拝命をお受けして

 

 2002年5月25日に香川県で唯一女性のみのライオンズクラブ誕生から、おかげさまで17周年を迎えることが出来ました。

 今思えば、高松中央ライオンズクラブ、初代会長の重圧と身に余る光栄に感謝の気持ち一杯のスタートであった、結成当初を懐かしくも、誇らしく思い出しております。

 今期奇しくも17代目松尾京子会長の元、幹事の大役を仰せつかり、改めて粛々とお受けした次第でございます。17年の月日の中で決して平坦な道ばかりではございませんでしたが、会員の皆様と一緒に切磋琢磨しながら、歩んできた17年間の歴史を振り返り、もう一度クラブ発展と活性化のために、凛として原点に立ち戻り、ライオニズムの高揚に更に邁進していかねばと、改めて覚悟したところでございます。

 更に、幹事として会員減少の今こそ、会員一人ひとりが、「グッドスタンディング」会員であることの重要性を会員の皆様に理解して貰えるよう、一年間微力ではございますが、私の力の限りを尽くして参る所存でございます。クラブ会員の皆さんの温かいご支援とご協力を宜しくお願い致します。

 

高松中央ライオンズクラブ 幹事 多田登美子

幹事  吉田千寿子

幹事  多田 登美子

 

 

会計御挨拶

 

 今期1年間、会計をさせて頂くことになりました。

また、財務委員も任命され、身の引きしまる思いです。

会員数が少ないなか、どの様にしてクラブ運営をスムーズに行ってゆけるのか、そして会長方針のアクティビティーをはじめいろいろな事業に活発に取り組んでいけるのか少し不安です。

 皆様と共に会員増強、そして事業費獲得の為のイベント等を開催し活気あふれるクラブを目ざしてまいりたいと願っています。

皆様のご支援、御協力宜しくお願い致します。

 

高松中央ライオンズクラブ 会計 池田亜葵子

 

会計 沼田直美

会計  池田 亜葵子